SEVEN宮崎船長ブログ

ご質問から。 ”海士に太いリーダーを”。 

海士を使い始めると結構 ”太いリーダー” を使う事が多くなり、普通にシーハンターに
結ぶと ”結びこぶ” が引っかかってしまい、遊動の利点のバレ難くさが半減します、これは簡単で
少し広めの ”ループ” をリーダーに作って海士のシーハンターのループにくぐらせば解消です。
ループの大きさは魚の頭のふり幅が有れば良いので30センチも有れば青物でも十分です、結ぶのは
”8の字結び” で良いでしょう。

問題はこの結びこぶ!



これを解消するのは、まず、リーダーに ”わっか” を作る8の字結び。


走る!走る!

色々釣れるねぇ~こいつは走ってるし・・・




ちょっと、海士で遊びに!

今回は ”アコウを釣りたい” とのお客様の要望で根魚を狙ってみました。
狙いがアコウと言う事でタイラバではタックルがもたないので ”海士” をメインで使いましたが
僕は普段は”鯛”を主に狙ってて、根魚はついでに”釣れればラッキー”な感じなのですが、今回は逆の
アコウと根魚メイン、”鯛はついで”になってました。
やってみると、 ”やれば出来る子” でした。(笑)
 



皆の笑顔が最高の僕の楽しみです!!
人生の先輩と過ごす時間は本当に有り難くて、難しい事も実現する方法を教えて頂きました。
色々な事が本当に勉強になりました、有難うございました!


海士の使い方です。

荒れた・・・大荒れですね、こんな日は事務所で仕事をこなさねば!
大体、もっと早くに情報として出すのが本当ですが、僕の使ってるスライドインチクである”海士”ですが、
セブンスライド同様、僕が自分の為に作ったワガママな道具なので中々表現の難しい感覚でスミマセン・・・・
今日はなぜ”スライドインチク”が欲しかったのか?から・・・

見てお分かりの通り僕は”イカ”の万能ルアーが欲しかったのです
しかも水深が200mを超える深い場所で大型根魚も鯛も青物もを狙える”超万能ルアー”が欲しい!!
ご承知の通り”イカ”は万能のベイトでイカを食わない魚は殆ど居ない人気?のベイトです
これは年間通して安定して食べられてるのですが、僕の使いたい状況に合ったルアーが市場に出てなくて
例により・・ ”無い物は造る” と、なりました。
正直、スライドインチクの部類??になるのか僕も言い方に困るのですが、僕なりの使い方はハッキリしてるので
製作者の意図と、どうやって使っているか?はお伝えせねばなりません。
 

海士のノーマル品にはジギングフックが付いてます、海士とセブンスライドの使い分けを
”セブンスライド”は水深の浅い場所や中小物(鯛、アラカブ、ヤズ、等)狙いとして使い、”海士”は水深の有る場所や、
大物(ヒラマサ、マグロ、GT、等)を狙うアイテムとして使うので、”海士”で鯛を狙う場合それに合わせた
”調整”が必要です。

まず、鯛を狙う為の調整は”フックの入れ替え”が大事です
販売時に付いてるフックでは鯛には大きいのでタイラバ用のフックに入れ替える様にします
(ただし、狙っている対象が60センチ以上の大型の鯛に絞るならそのままで良いです)



海士はヘッド部分が長いのでハリスである”シーハンター”をヘッドの長さに有る程度合わせて
調整しましょう。



まず、僕の所で鯛を狙うのに一番使われてる”80g”の海士で説明させて頂きます(水深50m前後)
シーハンターをカット。

フックは僕の場合、”外掛け結び”の三回まわしで結んでます(瞬間接着剤はほんのチョットが良い)



次に二本のフックのナマリとの距離ですが大事な事が一つ。
”ヘッド部分より長くしない事”で、キャストしても絡まなくなります。



結ぶこぶは抜けない様”二回回し”で”こぶ”を大きく





そして!ここが大事です。
”ラバーとネクタイ” 特に僕は普段から色々な条件に合わせ、常に”微調整”をします
実はその”微調整”は後で皆様にも ”微調整しやすいように” と、考えて商品を世の中に出しました
僕のラバーは市販品の中では一番 ”長い” 事にお気づきでしょうか、これは”セブンスライド”を
もっと皆様にイジッテほしくて規格外で注文した物です、と言うのも ”カット出来る長さ” が必要だったからです、
市販品の完成品も良いですが、タイラバに関しては”自作”される方も多いですね、それぞれ個人のコダワリも
あって、色塗りなどは工夫にみちたレベルの高い物も多くあって面白いですよね、フックも変えて、シーハンターの
長さもそれぞれです。
その、シーハンターを結んでみると結構微妙ではないですか?(僕は有る程度安定してますが)
完成してぶら下げてみると結構まちまちです、長さが違いますよね、僕は実は自分の商品であるセブンスライドの
完成品も調整します、と、言うのは最初から ”調整して使う” 様に作ったからです・・・ゴメンなさい今さら白状します・・・
それと言うのも多分、きっと、フックは消耗品なので個人ごとに変えると思ってです、思ったのは・・・
 ”多分、シーハンターとラバーの長さを一定させるのは困難だろう・・・” と考えたのです。
”調整”とは、ラバーの長さカットです、フックの(シーハンター)の長さに合わせて ”ラバーをカットする” のです



この、フックの後端で”カット”すると非常に ”ラバーとフックの絡み” が解消されて快適になり、
”釣る確立” が、間違いなく数%上がります。
この、カットする事はタイラバでも海士でもトラブル回避として大事です。



次にネクタイの取り付け方です。
本当に簡単ですのでこれからはこれで使って下さい。



  部品(セブンスライド)を上にズラしてシーハンターにはさんで、



 下ろして完成。



これが ”海士で鯛を釣る” 時のコツ?です。
釣り方、アクションはタイラバと同じで、着底したら間髪いれずに巻きに入るのですが
巻きはベイトの浮き具合にもより、鯛を狙うならタイラバと同じ”ただ巻き”で良いです、
もし、ベイトが中層に浮いてたり、青物が混じってくるならユックリしたシャクリを入れると効きます
もちろん、両方のオイシイ所を取って、底ではただ巻き、中層でシャクリでもOKなので、うまく使うと
何でも食ってきます、ちなみに僕の娘は ”海士使い” です(笑)


全 4 件中 1 ~ 4 件目を表示

New Entry

Archives

Category

Akira Miyazaki Profile

船長:宮崎 晃(ミヤザキ アキラ)

昭和43年生まれ。魚店から潜水士を経てルアーガイド船「ガイドサービス セブン」の船長となる。星座(魚座)まで、人生全てを魚と水に関わる人間。趣味は、釣りと素潜りによる魚突き。素で潜る時はアザラシ並みの水深30mまで潜ります。

Page Top