SEVEN宮崎船長ブログ

超便利!セブンのライン保存スプール


最近の青ものはヒラマサもブリも調子がいいね!
迷うのがジグの重さとタックルバランスですね。

青物は目が良くてルアーを見極めるのでジグもベイトのサイズに合わせたい!
大体の場合はジグが小さい方が食いが良くて最近のライトジギングの人気にもなってるけど
やはりジグのサイズが小さいと必然的に軽くなる。

僕もジグは操作性が大事だと常に感じており、釣り場の条件強度でPEラインも
0.8号、1号、1.2号、1.5号と細かく選びたい!
でも、同じサイズのリールが殆んど。、、、僕なら今のライトゲームは4000番かな。
なのでそれぞれのラインサイズでリールを何個も買う訳にもいかない、一度に全部のリールは使わない。

使わない時間が長いとラインに微妙に残った塩でスプールも腐食が出るし
ラインの塩抜きと使う号数の入れ替えで僕も以前から本当にこの問題は色々挑戦してきた。

釣具屋さんの空スプールを貰ってドリルで穴を空けたり、、丸棒を円形に繋げたり、、
でも作るのは“半端なく時間が掛かる”し、“完成度”に不満が溜まってしまった。

“専用品を作るしか無い”、、、
思ってしまった、これはヤバイ…思ってしまうと行動してしまうので危険。
これは僕がこれだけ悩むのだからみんな一緒のはず。
自分にそう言い聞かせて馬鹿な行動を正当化する事が多い。(笑)
しかしこれを金型で作るとなると一体どれ程の金型代になるのか‥恐ろしい金額になるかも…
でも、どうしても必要なんだからやるだけやって挑戦する意味はある。きっと。(と思い込む)
金型を作った事のある方は少ないかも知れないが金型代は趣味で作れるレベルではない。
お金が余ってる方は別だが。(笑)余ってたら僕に愛の寄付を。

そこからが僕の凄い所でこれが大変だ。(周りの人が友人)が。(笑)
周りを巻き込んで、頑張って貰って、悩んで貰って、やっと苦労の末(友人が)出来た物がコレ。

いくら便利だと言ってもあまりに高いと僕も買えないので出来るだけ安く売りたい、
使われないと意味がないので価値が判る人には安いと思われる800円程で売る事が可能になった。

これは見たら判るが、製品の元である図面、作る時のCAD制作技術が凄い(友人の)
是非手に取って使ってみる前にどうやって作るか想像して貰いたい逸品です。

New Entry

Archives

Category

Akira Miyazaki Profile

船長:宮崎 晃(ミヤザキ アキラ)

昭和43年生まれ。魚店から潜水士を経てルアーガイド船「ガイドサービス セブン」の船長となる。星座(魚座)まで、人生全てを魚と水に関わる人間。趣味は、釣りと素潜りによる魚突き。素で潜る時はアザラシ並みの水深30mまで潜ります。

Page Top