SEVEN宮崎船長ブログ

深い場所を攻略!

タイの乗っ込みは深い場所が多い。
結構、風や潮で流されるし、思い通りに釣りをするにはタックルの
選択が大事になったりするね。
今回は乗っ込み最前線の鹿児島まで行って来ました!
この鹿児島の乗っ込みはさすがに南国! 多分日本一早くタイの乗っ込みが始まる場所。

水深は100m前後で釣れる棚が下から30m上がったりするから結構狙いにくいのですが、
バッチリハマった時の爆発力は最高に釣った感が味わえます。

ルアー的にはタイラバとジグ、どちらでも狙えるけど、どちらもシッカリ着底を感じて
下から狙い上げて魚の棚を攻める事が大事になる。

アクションはジグもタイラバも早巻きに食わせの間を合わせた誘いが今回は決まってた
巻きが7割、誘いが2割に止めが1割のコビネーションで僕は楽しんだけど、これは
個人のタックルにもよるので色々試して欲しい。

タックルはスピニングもベイトもPE⒈2号にリーダー5号を5m。
ルアーは風と潮による事が多いが、比較的深いので重さが150gをメインに使用する事が
多かった。

でも、良く釣れた!久しぶりに大型の数釣りを楽しみました、
当日は曇りと風で流石の鹿児島も少し寒かったです。


New Entry

Archives

Category

Akira Miyazaki Profile

船長:宮崎 晃(ミヤザキ アキラ)

昭和43年生まれ。魚店から潜水士を経てルアーガイド船「ガイドサービス セブン」の船長となる。星座(魚座)まで、人生全てを魚と水に関わる人間。趣味は、釣りと素潜りによる魚突き。素で潜る時はアザラシ並みの水深30mまで潜ります。

Page Top