SEVEN宮崎船長ブログ

体験。


アメリカのクロマグロのファイトシーンの一コマ。

僕にも忘れられないヒットだった。

なぜかと言うと、このヒットの瞬間は僕は魚探を注視してて
魚探に映った一瞬にこの魚は食うと直感が働き、
横で友人がジグをシャクリ始めたのを見て
僕は“あと20m落として下さい!”と、リールのクラッチ
を切って20m追加で落とし、2シャクリでドスン!と
食った魚だった。

推定300キロと、相手が大き過ぎてリールのラインが全て出て
しまい、残念ながらキャッチは叶わなかったが
日頃の船長としての感覚が
少し役に立つもんだ、と、
感じた瞬間だった。

食うか、食わないか…
魚の気分を読むのは経験で誰でも出来る様に
なると思う、毎回の魚探反応を見て、釣りを続けると
その結果が釣果として積み上がるので、これは時間をかけ、
回数を重ねると自然と身につくものだ。

現在は電子機器が発達して海の中も分かりやすくなった
から、免許を取って初めて海に出てもある程度は
魚は釣れる時代になった。
僕ら遊漁船はお客様が連続で入る事も多く、それこそ毎回の
出船で釣果を残さないとならない“宿命”に追われるので
大変だけど、正直、無駄に釣れ過ぎる日もあり、食べれない量を
クーラーに満タンでも困る事が多い。
目指すは “良く釣れた!美味しく全部食べよう!”
でありたい。

現在の釣りは魚探の反応を読み解く経験が大事であり、
より多くの出船が必要で、失敗と成功を繰り返した方が
毎回、魚を釣る精度は上がる。

けど…僕はまだまだ…
自然はそう簡単に思い通りにはさせてくれない。(笑)

僕の船に夢を持って勤めたポーター君だけど
体調不良で一時休憩です。
可愛がってくれたお客様に感謝です。
再会の時は又、ご指導を宜しくお願い致します。


New Entry

Archives

Category

Akira Miyazaki Profile

船長:宮崎 晃(ミヤザキ アキラ)

昭和43年生まれ。魚店から潜水士を経てルアーガイド船「ガイドサービス セブン」の船長となる。星座(魚座)まで、人生全てを魚と水に関わる人間。趣味は、釣りと素潜りによる魚突き。素で潜る時はアザラシ並みの水深30mまで潜ります。

Page Top