SEVEN宮崎船長ブログ

ベイトリールとスピニングリールの使い分け

スピニングタックルのタイラバばキャステイングだけではないというお話  スタッフ植原

「釣れないときは釣れている人のまねをする」
これは、どんな釣りにも共通するとても有効な攻略法です。

タイラバなら、まず、まき速度を合わせて、だめならカラーやウエイトを変え、最終的に釣れている人と同じ仕掛けを使う。 対応のしやすさから考えるとこんな感じになると思います。

僕の場合は、
水深や潮の流れに対応するためのウエイトの変更が必要だと感じたらすぐに交換しますが、仕掛けやカラーの変更はあまりしません。
商品テストをしながらの釣りが多いので、仕掛けを替えづらいことも理由です。
まき速度も癖みたいなもので、いっときは意識しても、いつの間にかいつもの速まきになっていることがほとんどです。

では、何をしているかというと、
ベイトタックルとスピニングタックルを交換しています。
それぞれのタックルに同じ仕掛け(ラインも)をセットして、ベイトでだめならスピニングを使うといった具合です。

スピニングでもベイトでも同じように船べりから落とし込みます。
タックルを持ち替えるだけなので、めんどくさがり屋の僕にはぴったりです。

タックルを使い分ける一番の理由は、フォール速度の違いです。
ベイトよりスピニングタックルのほうがフォールが速いので、
フォールで見切られているような状況ではスピニングを、即アワセが必要なフォール中のアタリが多いときはベイトタックルを使うのです。

まき速度やカラーを、釣れている人と同じにするのは比較的簡単ですが、フォール速度を合わせるのは簡単ではありません。だからこその使い分けです。

具体的にはこんな感じです。
タイラバタックルはベイトタイプに分があると思っていますので、釣り始めはベイトタックルを使います。
ここで、状況がよくないと思ったり、スピニングの人が釣れているようなら、即スピニングタックルに交換します。もちろん逆パターンもあります。
どちらのタックルを使っていても、連続ヒットのあと「スレたかな?」と感じたときは交換します。

「同じ仕掛けを使っているのになぜこの人ばかりが釣れるのだろう」
こんな時に、フォールスピードの違いに着目するのも面白いでしょう?

フォールスピードは、
ラインの太さや仕掛けのサイズも影響しますので、釣れている人と全く同じにはなりませんが、釣れている人のフォールスピードが、自分より速いか遅いかを意識するだけでも有効な攻略法につなげられます。

おまけです。
もっとゆっくり落としたいときは?
ベイトタックルを使って、魚を掛けたい水深までフリーで落し、そこからサミングします。
これは、着底前のアタリをとるのが目的。アタリがあれば鋭く即アワせです。
これは、荒根の根魚狙いとフォール中にアタリが多いとき、見切られない程度に使います。
あまり上からサミングしていると仕掛けが潮に乗って流れてしまうので注意。

テスターリポート ピンスポット狙い撃ち

開発&テストサポーターのジャイアン平田です。

潮が動かない危機的状況のときは、ポイントセレクトで攻略するのが僕のセオリー。

ズバリ、ボートが流れないときの必殺技は、

ドストライクゾーンフォール!

鰯やアジなど漁探の反応を見て セブンスライドをここだ! っていう3、4メートル範囲内でピンスポットに落とし込む釣りかたです。

真直ぐ落ちてくる餌が大好きな、根魚、ヒラメなどはフォール中に飛びついて来ます。

このアタリを掛けにいく動の釣り。

面白い!!!

持ち運びが可能な携帯魚短や探検丸をお持ちの方は大変有利なのです。


 ボートが流れずポイントが変わって行かないならば。  ドストライクゾーンホール!!  鰯やアジなど漁探の反応を見て セブンスライドをここだ!って言う3、4メートル範囲内でピンスポットに落とし込む釣りかたです。  真直ぐ落ちてくる餌大好きな、根魚、ヒラメなどは良くホール中に飛びついて来ます。  面白い!!  持ち運びが可能な携帯魚短や探検丸をお持ちの方は大変有利なのです。

いや~朝夕は涼しいどころか寒くなりました。 季節感が無い僕は晩秋に半袖。。。  当たり前に寒い!!  秋が深まると獲得魚種も豊富になります。万能漁具の「セブンゲーム」が益々面白い季節です。

頑張れよ。

釣りには関係ない話ですが、僕には息子がいてこれが結構なアホです
僕に似たので仕方ないと思っています・・・この子が先日高校駅伝で最後の走りを終えたのですが
その思い出残る写真のはずですが・・・一緒に待ってる手前の選手!・・・ん??・・・なんじゃ!!こりゃぁ~~。



昨日はその子が僕の船のポーター役で乗船してました。
さっそく僕が仕事?を作って?あげました、プロペラにロープが巻いたので ”おい、入れ!” です。(笑)


昨日は本当に荒れてしまい、船は平気でしたが人間がダウンしたのでさっさと帰港になりましたが
その短い時間でオカズを取った方はラッキーでしょう。

清水だよ、買っちゃったよ。

トップルアーの代名詞と言える"ガンマ”。
来週、屋久島にGTを狙いにテスト釣行にいくので買ってみましたが、僕の人生で初めてガンマを買った
”初体験”です、なんだか凄い宝物を買った気分で、この気持ちは僕が中学生の時に買った”バルサ50”を
初めて買った時にソックリで、思わず ”俺の成長は止まってるな・・・” と一人で笑ってしまいました。

中学、高校・・・あの頃には思い描いても叶わない夢、”仕事としての釣り”・・・本当にありがたい現在の自分。

そのルアーを今も持ってるのも凄いでしょ!30年も経ってる・・・懐かしくも新しい現在の僕の宝物。


全 4 件中 1 ~ 4 件目を表示

New Entry

Archives

Category

Akira Miyazaki Profile

船長:宮崎 晃(ミヤザキ アキラ)

昭和43年生まれ。魚店から潜水士を経てルアーガイド船「ガイドサービス セブン」の船長となる。星座(魚座)まで、人生全てを魚と水に関わる人間。趣味は、釣りと素潜りによる魚突き。素で潜る時はアザラシ並みの水深30mまで潜ります。

Page Top