SEVEN宮崎船長ブログ

水中の世界観


タイラバのカラー。

よく語られるルアーのカラーについて。

海底から水面を見ていると当たり前の事だけど
人間からの見た海中世界と魚から見た海中世界は
全く逆に見えると言う事実。

人間は海面を見つめる。
魚は海底から空を見つめている。

カラーの見え方も勿論、人間とは全く違う、
魚の目の性能、感覚が人間に近い物だとしたらなおさら。

多分、皆さんが思う以上に魚は人間に近い感情、感覚で生活してる。

僕は水中が好きなのでいつも魚の目線で考えてしまう、
見てきた水中世界はシルエットの世界だ。

水中で魚を追うには非常に大事な事が有る。

ほぼ、全ての魚種、生き物はシルエットとその動きで正確に
“これは何で有る”と判る事。

ライトを使わず月夜で潜っても判る。

この感覚で物を作っている。



ブラック。
このブラックは絶対に選択肢としては外せないカラー。

New Entry

Archives

Category

Akira Miyazaki Profile

船長:宮崎 晃(ミヤザキ アキラ)

昭和43年生まれ。魚店から潜水士を経てルアーガイド船「ガイドサービス セブン」の船長となる。星座(魚座)まで、人生全てを魚と水に関わる人間。趣味は、釣りと素潜りによる魚突き。素で潜る時はアザラシ並みの水深30mまで潜ります。

Page Top