SEVEN宮崎船長ブログ

必要な物の一つ。

楽しみと引きこもる暇つぶしににでもどうぞ。

大変な時期ですが今後、釣りに安心して行ける時の為に
楽しみと課題、話題、を小出しでいきます。

今年の傾向と予想は水温が高かったので魚の活性が高い。
ただ、タイに関しては去年ほどの群れは少なく、釣り場、ポイントに
入るタイミングで大きく差が出ます。

この群れを追いかけて行くのが僕の仕事ですが非常事態なので
釣れても釣果のアップは控えてます。
コロナにかからない鯛は絶好調ですが釣果アップでお客様を呼ぶのは
お客様にはリスクですので。

船は消毒とマスク、船内は換気と外にチェアを完備、人数は少なく。
出来る事はやった上で出船自体を控える様にしてます。



元気に釣りに行けた時の為に楽しみとして
僕の独り言だけを小出しにアップしますね。

このタイは60センチ程の中型ですが完全な乗っ込み鯛です。
僕のアナウンスは海底から30m、少し早巻きで!。

僕が完璧ではありませんが魚の行動と今の条件を考慮してのアナウンスです。
これが僕的には面白い所なのです。

実際の魚探反応は…。



これです。
実際の反応は海底から18mまでですが
この時の船の流れ、落としてるラインの斜めの入り方は20度を考慮、鯛の棚の範囲も
考えると水深60mをうろつく大型の可能性、
下から30m迄は探らないとダメでしょうね。

その日のお客様個人でアナウンスを変えてます。

慣れてる方を基準にするなら、
ベイトはイワシの何センチ、イカ混じり、ベイト反応下から20m迄、
青物はその上に!魚の活性は60%とか、まで伝えます。

同じ条件で初めての方を基準とするアドバイスは

タイラバは100gからスタートして海底から3色、30mまでを
気持ち早めに巻いて下さい、巻いたら落として着底が判りにくい時は
重りを重くしましょうね。
です。

乗船の全ての乗船者に完全には合わせられませんが慣れてる方は
自分で独自の世界観と工夫を楽しむ方も多く、情報は公開しても
強制は絶対したくないので “こうしなさい” とは言いたくない。

と、思ってますし、その工夫が凄く釣れて僕の経験となるのです。(笑)

僕に出来る事はお客様と一緒になって笑いたいと思ってますので
何か笑える提案も有りましたら遠慮無くどうぞ。
法律の範囲内で。(笑)

僕を見て笑うのも有り!です。(笑)

どうぞ。


体験。


アメリカのクロマグロのファイトシーンの一コマ。

僕にも忘れられないヒットだった。

なぜかと言うと、このヒットの瞬間は僕は魚探を注視してて
魚探に映った一瞬にこの魚は食うと直感が働き、
横で友人がジグをシャクリ始めたのを見て
僕は“あと20m落として下さい!”と、リールのクラッチ
を切って20m追加で落とし、2シャクリでドスン!と
食った魚だった。

推定300キロと、相手が大き過ぎてリールのラインが全て出て
しまい、残念ながらキャッチは叶わなかったが
日頃の船長としての感覚が
少し役に立つもんだ、と、
感じた瞬間だった。

食うか、食わないか…
魚の気分を読むのは経験で誰でも出来る様に
なると思う、毎回の魚探反応を見て、釣りを続けると
その結果が釣果として積み上がるので、これは時間をかけ、
回数を重ねると自然と身につくものだ。

現在は電子機器が発達して海の中も分かりやすくなった
から、免許を取って初めて海に出てもある程度は
魚は釣れる時代になった。
僕ら遊漁船はお客様が連続で入る事も多く、それこそ毎回の
出船で釣果を残さないとならない“宿命”に追われるので
大変だけど、正直、無駄に釣れ過ぎる日もあり、食べれない量を
クーラーに満タンでも困る事が多い。
目指すは “良く釣れた!美味しく全部食べよう!”
でありたい。

現在の釣りは魚探の反応を読み解く経験が大事であり、
より多くの出船が必要で、失敗と成功を繰り返した方が
毎回、魚を釣る精度は上がる。

けど…僕はまだまだ…
自然はそう簡単に思い通りにはさせてくれない。(笑)

僕の船に夢を持って勤めたポーター君だけど
体調不良で一時休憩です。
可愛がってくれたお客様に感謝です。
再会の時は又、ご指導を宜しくお願い致します。


色々作るのが好き。


オリジナルステッカーです。
ドカットに合わせて製作したのでバッチリ!
道具箱って強度と防水性能と更に収納力ですよね

タックルボックスのサイズは使うタックルの量に左右されるのでタックルボックスの大きさは
欲の大きさとも言えるかも(笑)僕も色々詰め込みたくなって重量が増してしまう!

でも僕はみんなと少し違ってるのは釣り場に持ち込むアイテムがヤスリやカッター、
フックはバラで20種類程とシーハンターも太さ別に5種類程、後は鉛の塊等の(半製品)
をいつも持って回ってます。
特に初めて訪れる場所だと素材が多くタックルボックスに
入っており、釣りを実践しながらドンドン思いついた事や不便な事を現場で大まかに
改良してモノ作りをしてしまうのです。

物を作るのが大好きで思い立ったら作らずにはおれず、思い立ったらどうしても
“直ぐに欲しい”のです。(笑)

自分で作って、これは良いわ!と結果を煮詰めてみて使い易く調整した物が
僕の道具です。
結果が良くて誰よりも釣れる “自分の為の道具” を作ることが大事なのでしょうね。


深い場所を攻略!

タイの乗っ込みは深い場所が多い。
結構、風や潮で流されるし、思い通りに釣りをするにはタックルの
選択が大事になったりするね。
今回は乗っ込み最前線の鹿児島まで行って来ました!
この鹿児島の乗っ込みはさすがに南国! 多分日本一早くタイの乗っ込みが始まる場所。

水深は100m前後で釣れる棚が下から30m上がったりするから結構狙いにくいのですが、
バッチリハマった時の爆発力は最高に釣った感が味わえます。

ルアー的にはタイラバとジグ、どちらでも狙えるけど、どちらもシッカリ着底を感じて
下から狙い上げて魚の棚を攻める事が大事になる。

アクションはジグもタイラバも早巻きに食わせの間を合わせた誘いが今回は決まってた
巻きが7割、誘いが2割に止めが1割のコビネーションで僕は楽しんだけど、これは
個人のタックルにもよるので色々試して欲しい。

タックルはスピニングもベイトもPE⒈2号にリーダー5号を5m。
ルアーは風と潮による事が多いが、比較的深いので重さが150gをメインに使用する事が
多かった。

でも、良く釣れた!久しぶりに大型の数釣りを楽しみました、
当日は曇りと風で流石の鹿児島も少し寒かったです。


超便利!セブンのライン保存スプール


最近の青ものはヒラマサもブリも調子がいいね!
迷うのがジグの重さとタックルバランスですね。

青物は目が良くてルアーを見極めるのでジグもベイトのサイズに合わせたい!
大体の場合はジグが小さい方が食いが良くて最近のライトジギングの人気にもなってるけど
やはりジグのサイズが小さいと必然的に軽くなる。

僕もジグは操作性が大事だと常に感じており、釣り場の条件強度でPEラインも
0.8号、1号、1.2号、1.5号と細かく選びたい!
でも、同じサイズのリールが殆んど。、、、僕なら今のライトゲームは4000番かな。
なのでそれぞれのラインサイズでリールを何個も買う訳にもいかない、一度に全部のリールは使わない。

使わない時間が長いとラインに微妙に残った塩でスプールも腐食が出るし
ラインの塩抜きと使う号数の入れ替えで僕も以前から本当にこの問題は色々挑戦してきた。

釣具屋さんの空スプールを貰ってドリルで穴を空けたり、、丸棒を円形に繋げたり、、
でも作るのは“半端なく時間が掛かる”し、“完成度”に不満が溜まってしまった。

“専用品を作るしか無い”、、、
思ってしまった、これはヤバイ…思ってしまうと行動してしまうので危険。
これは僕がこれだけ悩むのだからみんな一緒のはず。
自分にそう言い聞かせて馬鹿な行動を正当化する事が多い。(笑)
しかしこれを金型で作るとなると一体どれ程の金型代になるのか‥恐ろしい金額になるかも…
でも、どうしても必要なんだからやるだけやって挑戦する意味はある。きっと。(と思い込む)
金型を作った事のある方は少ないかも知れないが金型代は趣味で作れるレベルではない。
お金が余ってる方は別だが。(笑)余ってたら僕に愛の寄付を。

そこからが僕の凄い所でこれが大変だ。(周りの人が友人)が。(笑)
周りを巻き込んで、頑張って貰って、悩んで貰って、やっと苦労の末(友人が)出来た物がコレ。

いくら便利だと言ってもあまりに高いと僕も買えないので出来るだけ安く売りたい、
使われないと意味がないので価値が判る人には安いと思われる800円程で売る事が可能になった。

これは見たら判るが、製品の元である図面、作る時のCAD制作技術が凄い(友人の)
是非手に取って使ってみる前にどうやって作るか想像して貰いたい逸品です。

流石!何でも釣れる秋。

流石!何でも釣れる秋。






10/3 狙った獲物を釣ることの楽しさ

色々可能性は有ります。




9/24 オフシャロ釣果情報

オフシャロなら女性も楽に釣りが出来ます。
しかも釣れます。(笑)


9/23 オフシャロ釣果情報とオフシャロに合うおすすめロッド

オフシャロ!キャストで。
シャローを攻略するにはキャストして広範囲を探った方が絶対に良い。
僕の船ではほぼ全員がスピニングでタイラバとライトジグの釣りです。
ロッドに何をお奨めか?聞かれますが凄くお奨めが有ります、ジグ40.60.gにはバッチリです!
かなり使い込みましたがブランクも強くてデザインも良いのです。
あまりに良いので僕は5本買いました!(笑)
(貰ってませんよ、自腹です)しかも定価が18000と言うことは釣具屋さんではもっと安くて‼…
凄くお奨めです。


全 105 件中 1 ~ 10 件目を表示
1, 2, 3, 4 ...11 次の10件 »

New Entry

Archives

Category

Akira Miyazaki Profile

船長:宮崎 晃(ミヤザキ アキラ)

昭和43年生まれ。魚店から潜水士を経てルアーガイド船「ガイドサービス セブン」の船長となる。星座(魚座)まで、人生全てを魚と水に関わる人間。趣味は、釣りと素潜りによる魚突き。素で潜る時はアザラシ並みの水深30mまで潜ります。